« 巨木 | トップページ | 三周岳&三国岳 »

蕎麦粒山

滝と紅葉を見てきました。

Pb040094 早起きは三文の徳。 きれいな朝焼けに送られ家を出る。

Pb040103

車止め到着、いざ出発!!

今日は蕎麦粒山の滝谷を目指す。

Pb040114

約1時間、目的の谷の入り口に立つ。 戦闘開始  前へ!!

Pb040119_2

この時点で直進できず迂回する。

 

岩また岩 小さな滝が現れる。 

Pb040126

最初の滝が現れた。4mぐらいの高さだが直接岩肌にへばり付く事も出来ないので右岸に迂回する。

そのまま少し上り腹を進む。

しばらくすると木々の間から第2の滝が見ええきた。

Pb040127

この滝は前回登った時に記憶のある滝である。一度谷まで降りて確認し、再度全貌をカメラに収めようと思い再び上る。

Pb040128

しかし木々が邪魔をして滝が見えない。

でも、この色づいた山 絶景 絶景

Pb040136

滝壺に降り滝のヘリを直接上ることにする。この滝は3段になっており20メートルぐらいの高さがある。

Pb040142

 風は飛泉を乱し 冷声を送る

  前方月昇り 竹窓明かなり

 死して岩根にあらば 

  骨もまた清からん

何か抜けているような気もするが…、 また調べます。

Pb040145

岩、倒木? 流木? とても谷川という景観じゃないところをさらに上る。

するとまたまた滝

Pb040147 

ここは左岸に迂回する。少しばかり上がり、ふと谷を見ると滝らしきものが見え隠れした。

かなり急な斜面だが慎重に谷まで下りる。

Pb040148

ここです。この滝です。これが最後の滝です。

Pb040149

滝、紅葉、そして今ここに立っている私。

来て よかったー!!!

この余韻を楽しみながらしばらくたたずむ。そして前回は右岸を迂回して滝の最上部に出たので、今回は直接滝を登る。

Pb040151

そしてついに最上部にたどり着いた。 感激!!

ここから山は急になだらかになり、尾根までさほど遠くない。

15分ほどで登山道に出る。

少し迷ったが、そのまま蕎麦粒山まで登ることにする。

約20分頂上に到着。

Pb040155

持参したパンをかじりながら山の秋を満喫。 そして下山。

Pb040159

右方向に五蛇池山を眺めながら早足で下りる。

Pb040161

季節外れのシャクナゲの花一輪が見送ってくれました。 そして車止め。

徒歩にして6時間50分。 今日も楽しかったー!!!

あ! そうそう

0002

途中、谷できれいなクリタケを見つけたので頂戴してきました。

これはいいダシが出るので汁物にして頂きます。

お山さん ありがとうございました。

| |

« 巨木 | トップページ | 三周岳&三国岳 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦粒山:

« 巨木 | トップページ | 三周岳&三国岳 »