« 西美濃三十三霊場-Ⅲ | トップページ | 西美濃三十三霊場ーⅤ »

西美濃三十三霊場ーⅣ

東奔西走

P6100012

6月10日(月)

 先週は金、土曜日と所用があり休息がてら霊場巡りはお休みとしました。これにてリフレッシュして再び本日から西美濃三十三霊場巡り後半戦に突入します。

 本日は霊場間の距離がかなりありそうなので一日の走行距離が一番長くなりそうな予感です。8時少し前気合を入れてペタルを漕ぎだしました。

P6100016_2 AM9:57 距離 30.5キロ

18番札所ー妙応寺 (関ヶ原町今須) 霊場の中で一番西に位置しているお寺が本日最初の目的地ひたすらにしを目指し関ヶ原の古戦場を過ぎ伊吹山有料道路入り口も過ぎた所で少し遠回りになりますが国道229号関ヶ原鍾乳洞方面に向かいました。
 山の中の一本道を走ること約5キロ東海道線のガード手前に妙応寺がありました。西に後1キロも行かないうちに滋賀県との県境となります。この寺は岐阜県で最古の曹洞宗のお寺とのことで山の緑の中にどっしりと包まれていました。

P6100024 AM11:48 距離 27.9キロ (累計 58.4km)

19番札所ー明台寺 (墨俣町寺町) 関ヶ原を後にして今度は国道21号線をひたすら東に銀輪を走らせて揖斐川を越え長良川に突き当たります。墨俣城を眺めながら少し進むと堤防下に明台寺がありました。

境内にはだれも見えずひっそりとたたずんでいました。省吾を少し過ぎた頃お寺を後にまたしても西に舵をとり大垣に向かいます。途中堤防の土手にて昼食をとりました。今日はヤッさん手作りの小倉とイチゴジャムのサンドイッチです。この暑さ冷たいお茶が本当においしく有り難い。

P6100030 PM1:09 距離 13.3キロ (累計 71.7km)

20番札所ー天清院 (大垣市赤坂) 途中交番にて位置確認してたどり着きました。赤坂の本通りから少し北に入った引き込み線路の踏み切り手前左に立っていました。
 「子育て呑龍」と呼ばれる呑龍大士が祀られていて育児、健康、安産祈願の寺として知られているとのことです。

PM1:21 距離 1.9キロ (累計 73.6km)

21番札所ー安楽時(大垣市赤坂) 創建は推古天皇、聖徳太子といわれる歴史のある古刹です。また家康が関が原の戦いで最初に本陣を置いた山で、この寺で戦勝祈願をしたとされるそうです。そのときからお勝ち山と呼ばれるようになったそうです。

P6100038  PM2:23 距離6.2キロ (累計79.8km)

22番札所ー救浄庵 (大垣市久瀬川町) 旧の国道21号線杭瀬川端より100mほど東に行った北側に立つ寂しく小さなお寺、霊場中一番規模の小さなお寺のようです。
住職もみえなくて境内にみえた方が「私たちがどうにかお世話をしています」と話されていました。
本尊は杭瀬川に流れてきた如意輪観音の御首だそうで、首から上の病に敬虔新たかとのことです。

P6100041  PM2:23 距離2.5キロ (累計82.3km) 

23番札所ー報恩時 (大垣市綾野) 杭瀬川を少し南下して養老海道(96)号を少し西に入った所にありました。曹洞宗のお寺で円空の彫った仏像が安置されているとのことです。

P6100045_2 PM3:44 距離 13キロ (累計 95.3km)

24番札所ー大菩提寺(養老町養老) そのまま南下して養老町に入り少し迷いながらも養老の滝に向かう坂道右に札所発見。境内を掃除して見えた方が激励の声をかけて下さいました。

P6100049 pm3:59 距離 600m (累計95.9km)

25番札所ー養老寺 (養老町養老) 本日最後の札所となりました。霊場から霊場間の距離が最も短い区間だと思います。車止めの駐車場には3~4台の車が停まっているのみで静かなものです。歩き出してすぐに道路右手に養老寺がありました。幼稚園を敷地内で営んで見えるらしく園児の迎えの親さんが見受けられました。次の札所は海津郡南濃町少し距離がありますので今日はこれにて踵を返します。

 走行距離   125.9km

 所要時間   9時間38分

今回もよく走りました。ご苦労サン!!

|

« 西美濃三十三霊場-Ⅲ | トップページ | 西美濃三十三霊場ーⅤ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西美濃三十三霊場ーⅣ:

« 西美濃三十三霊場-Ⅲ | トップページ | 西美濃三十三霊場ーⅤ »