« ノノガタキ(part2) | トップページ | 奈落の闇へ »

小島山(花の会)

Pb030022

11月3日(水)

 揖斐川町春日の尾根3連続で縦走しています。山好きの登山クラブ「花の会」のお誘いで、本日はわが家から毎日眺めている小島山の稜線を春日の入り口の滝の登山口から尾根伝いに小島山に登り、そのまま稜線を久瀬の乙原方面に下るルートです。今回は男性陣5名女性陣2名の総勢7名の参加で出発です。

Pb030003

AM8:00

 春日街道の滝地区にある「潤いの泉」という湧水がある手前に駐車して皆で歩き始める。

Pb030006

AM8:08

 少し上るとすぐに小さな小島山登山口の標識が目に入る。小さな谷沿いをしばらく上るが、最初からかなりの勾配で、はっきりした登山道が見当たらずその上ガレ山で足場がよろしくありません。
 そんな状況で隊列も長くなり上で下で声を掛け合います。しかしモッさん(本村さん)の声は2度3度聞こえたのですが、位置がわからず少し上り下りして探してみたのですが落ち合うことができません。結局谷を挟んで二手に分かれてしまいましたので、そのまま上にある483鉄塔で落ち合うこととなりました。

 会長の御大(脇谷さん)とトレイルランもやって見えるという強者の(林さん)と小生3人は右の子尾根を上り10時少し前に鉄塔に到着。残りの人たちと落ち合うためそのまま反対の尾根を少し下りてみますとモッさん発見!!一人で動いていたとのことでしたので、再び下るとすぐにもう一人の本年傘寿の御大(村瀬さん)がご婦人二人(福井さん、宗宮さん)をサポートして登って見えました。

Pb030016_moment

AM10:40

 ようやく皆が合流し少し休息したのち新たに出発です。

Pb030021

AM11:19

 小島山(863m)到着。最初に少しトラブって時間を喰いましたがまずは皆揃って頂上に立つことが出来ました。少し遅れ気味とのことで、少しだけ登頂の余韻を味わいそのまま尾根歩きを始める。

Pb030023

AM11:26

 木立の隙間から大垣カントリーのゴルフ場が見えます。尾根とほとんど平行に走っている林道に出て歩き途中少し開けてところで昼食をとる。

Pb030025

PM00:58

 お腹を満たし少し歩を進めると、稜線から見える山々はすでに谷汲方面の山です。

Pb030026

PM1:04

 林道の本線から左に入った行き止まりの枝林道(790m)に着き、これより道なき尾根を下ります。

Pb030035_20211108011601

PM1:40

 最後の休憩(620m地点)、あとは一気に下ります。

Pb030040_moment  

PM2:48

 最後少し立ち木で難儀しましたが、ようやく林道(243m地点)に出ました。やれやれです!

Pb030042

PM3:16

 乙原の赤橋に到着!皆さん無事に本日もお山を楽しむことができました。少しのアクシデントもあり小島山尾根の素晴らしい紅葉も愛で、最後に少し苦労した下り、どれをとっても本日の間違いのない一瞬の積み重ねでした。今は過去となった本日の山行、思い出という宝物として残し次なる楽しみに向け動きたいと願っています。確かなのはこの一瞬大事にしたいです。

 本日も皆さんと楽しい時間を共有でき本当にうれしく幸せな気持ちで満たされています。お山さん、皆さんそして目に見えぬすべてのものに感謝です。ありがとサン!!

 

本日の行程

Photo_20211108015501

 

 

 小島山(紅葉空撮)

 

 

 

| |

« ノノガタキ(part2) | トップページ | 奈落の闇へ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。