« 里山一筆書き(第一回) | トップページ | 待ち箱作り(日本ミツバチ) »

はなの会(雪の池田山)

13325

3月10日(金)晴れ

 風もなく穏やかな青空のもと池田山(池田町)の偵察に向かいました。2台の車の分乗して一台を春日の薬草街道にある「潤いの泉」に置き、垂井の不破の滝から登ります。

P3100003

AM9:35

 本日は6名にて不破の滝近くから林道に入ります。林道の下で轟音を立てて滝が流れ落ちています。今季の大雪のためか水量が多く見応えがあります。

P3100006

AM10:23 

 途中林道が崩壊しており、そのまま前進するのは危険なため上部にあったロープを張り一人づつ、おっかなびっくり慎重渡り一安心。。

P3100011

 少し高度を上げると林道にところどころに浅い雪が徐々に深くなり、正午に頂上で昼食の予定がかなり遅れました。皆さん雪に足を取られ悪戦苦闘しています。

Photo_20220315135201

 かなり時間をとってしまいましたので、池田山頂上は今回はあきらめ沙羅林道に出て昼食となりました。

 P3100016-2

PM1:54

 これより下山します。沙羅林道は除雪してあり(春日方面は不明)左右はかなりの雪が堆積していますが午前中と違い平坦な道路はやはり歩きやすく少しお腹もふくれルンルン気分!

P3100018

 大津谷公園に向かう途中ハングライダーの滑走地点から濃尾平野を望む。少し霞んでいますが山から見下ろすこの広がり気持ちがいい~

P3100021

PM2:31

 下山ルートの半分弱のところで、途中皆で一休み。

P3100022

PM3:17

 本日も雪で予定どうりに歩くことができませんでしたが何があってもすべてが楽しく無事に下山することができました。すべての事、そしてすべての人に感謝です。ありがとさん!!

 

動画は次の画像をクリック

P3100017

 

 

| |

« 里山一筆書き(第一回) | トップページ | 待ち箱作り(日本ミツバチ) »

山登り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。