« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

ようやく一息

P5090002

 急に甘いものが欲しくなりバイクでコンビニに、ショートケーキとシュウークリームを購入して帰途、目に飛び込んだ黄昏時の一枚。あれもこれもと気が急いている近頃「存命の喜び、日々楽しまざらんや」で今この時があることだけでも感謝して、もっとおおらかにと諭してくれているようでした。帰りはかなりの急勾配な坂道ですが、まだまだサドルからおしりを上げることなく上りきることが出来てます。

P5170041 P5170048

 5月17日(火)

 昼前に気になってた公園の草刈りと午後から遊歩道の整備をPM6:00時近くまで、かなりグロッキー😵!しかし汗だくの後ひと風呂浴びて飲み干すビール堪りませ~ン!

P5190060 

P5190085

 5月19日(木)

 早朝5時起きで黒谷から徳山西谷林道の詰めまで行ってきました。途中にある戸立谷の滝を空撮のため目指したのですが、やはりこの時期視界が悪く断念しました。

P5190102P5190101

 途中鹿角を3本と、そしてみそ和えてんぷらに十分なウドも頂いてきました。目標達成はできなくても五感で山を感じるだけで楽しくPM4:38車止めにつき本日のお遊び終了しました。

 本日の行程

Photo_20220627115601

 

P5210004 P5210005

5月20日(金)

 ハチ友のbanさんの山の家に行ってきました。洋バチ4箱を飼育しており小屋に設置した日本ミツバチの待ち箱には入居していました。キョウリンヘンも自宅で育てており熱心にハチの世話をして見えます。すべてにおいてずぼらな私などとは違い感心することしきりです。

P5220010 P5220011

 翌日はbannさんが日本ミツバチと勘違いして捕獲した洋バチをもらい受けましたので、私の飼育箱に移し替えました。午後からの作業でしたのでハチが外にたくさん出ています。落ち着くまでしばらくここにおいてまた移動するつもりです。

 

P5290013

P5290014-2

 5月29日(日)

 本日は本年最初の蜜絞りをしました。昨夜のうちに作業道具は軽トラに積み込んでおきましたので、AM9:00ころ現場にて二人で作業開始です。私が内検しながら巣枠を取り出し、ヤッさんが密絞りと巣枠の掃除を受け持ちます。今季はひと箱から始め今は4箱になり、今こうして今年も二人で喧嘩しながら作業を進め、昼食をはさんで昼過ぎにようやく終わりましたが、道具などの後かたずけが結構大変で、結局午後4時過ぎまでかかりました。しかしどうにか毎年のこの大きなイベントも終わり30kgほどのはちみつを採取することができました。かなりな重労働ですが、まだこうしてどうにか動くことができることに感謝です。本当に生きてるだけで丸儲けです。ありがとサン!!

 

 

| | | コメント (0)

鉄嶺峠(くろがねとうげ)

P6070162

 5月15日(日)

 山大好きの皆さんと揖斐川町横山にある鉄嶺峠のお地蔵さんに手を合わせてきました。この峠は旧藤橋村横山と坂内村坂本をつなぐ峠ですが、今では誰も通ることもない廃道となっています。峠には石地蔵が立っており、明治の初めにこの石地蔵を立てた名古屋在住の方の方角を向いて静かに佇んでいます。

P5150029

am9:29

 303号線を北上して横山ダムから坂内方面に向かい坂本ちくから諸家に入り部落を超えたところから寒谷峠を目指します。峠近くから尾根にとりつきました。

P5150030 

am10:13

 本日は総勢8名、皆さん元気よく歩き出します。

P5150032 P5150033

途中見晴らしの良い場所から前に登った小津権現山の全貌を堪能!採取しやすい朴木の葉を採っているご婦人方もみえ、おいしい朴葉寿司でも作られるのかな?

P5150034_20220627164701

am11:01

 峠に到着! ここにて少し早めの昼食となりました。すぐ近くに石の地蔵さんが立っています。これは本日のフォト、そして冒頭の地蔵さんは2008/6/7に撮影したものです。状態から見ますとどなたかお世話をされているようできれいなお姿で私たちを迎えそして送ってもらいました。帰途その奇特な御仁を想像しながら歩を進めました。

 何ごとのおわしますかは知らねども かたじけなさの涙こぼるる  (西行)

 峠から坂本に降りるコースの初めはかなりの急斜面で、谷川は常に土が流され大きな立ち木もほとんど生えてなく、足を滑らせるとそのまま流されるようなところがしばらく続きました。そのうえ山行がまだ浅いご婦人連が今回は見えるとのことでしたので少しばかりフォローしなければと思っていたのですが、鳥越苦労であし幅くらいのけもの道を躊躇することなく歩を進めて見えましたのには驚かされました。
 そんな訳もあり全体も長い行程でもなかった為、かなり早く坂本地区の国道に到着することが出来ました。本日も楽しく体を動かすことができありがたいことと感謝しています。皆さんそしてすべてのものにありがとさん!です。

 本日の行程

Photo_20220627181101

 

 ルート動画

 

 

 

 

| | | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »