« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

グロッキ~

P8110013_20220813054401

8月11日(木)

 ここのところ仕事が集中して少し閉口していますが、うなだれていても仕方ありませんので仕事を遊びと思い、いや遊びに変えて日々精進しています。7月末は奥山の草刈りに行っていましたが途中からご無礼して本日からはヘリコプターでの稲の消毒のお手伝いです。こうして自分の都合で働かしていただけることに常に感謝しています。その分仕事は全精力を傾け体を動かします。
 
 本日もAM4:00時起きで5時に仕事場へ雨を心配しながらも12時少し前にてお仕事終了しました。帰宅してすぐに昼食を済まして、かねてより気になっていたハチの様子を見に行きました。
 月初めにガス欠のため中断した畑への道路の草刈りから始めましたが、道路向かいのSさんの空き地が草ぼうぼうです。Sさんも喜寿近い方で、以前隣の耕作放棄地の茶畑の境を刈るのに手間取って見えたので少しお手伝いした折、大変喜んで見えましたのでここもついでに草刈りに取り掛かり2時間ほどで終了しました。蒸し暑い中かなりの汗を流しました。
 今のご時世、他人様の土地の草刈りなど相手の承諾なく勝手に作業することは少なからず問題視されることとは思いますが、単細胞の小生深く考えることもなくすぐ行動でいつも動いています。

 途中、コンビニでアイスとお茶を買ってきて日陰で少し水分補給です。最近は熱中症の関係で耳にタコができるほど水分補給の単語が耳に入ってきます。私はあまり水分は取らないほうですので周りの人から良くご忠告を受けますが、何か不具合があれば体が教えてくれると思っていますのであまり気にはしません。ただ単に暑い中での小休止冷たいアイスとお茶がおいしい~。それだけです!
 
 この歳になりますと周りの皆さんも医者通いの方が多く健康管理の面からかいろんな数値をよく口にされますが、偏屈者の私これもあまり好きではありません。数値を当てはめる対象は千差万別一概にこれが普通でこれ以上が異常とは言うことはできないと思っています。当然目安としての数値なのですがコンピューターのご時世、境のある数値に振り回され正常だ、異常だと皆さんよく口にされていますがあまり意味のないことのように感じます。
人間の体そんなに単純ではないと小生は思っていますので、もう少し幅を持って緩やかに穏やかに日々を送りたいと常に思っています。愚性、世間様と距離を取ってより健康診断などはしたことがありませんしすべては目に見えぬものにお任せして幽世に行くまで過ごしていくつもりです。その理由を考え出しますと長くなってしまいますので本日は止めときます。

 
 話が大変逸れてしまいましたが、草刈りの後一息ついてハチの様子を見てみました。今現在は鉢箱は一段が3箱、2段が2箱で合計5群ですが最初に端にある2段のハチ箱の内検をと蓋を取ろうとしたのですが、なかなか開けることが出来ません。
 かなりの力を加えてようやく蓋が開いた時その原因がわかりました。5月の採密の後群れが大きくなり2段にして巣枠を5枚入れていたのですが、密でいっぱいになり蓋に巣をかけ巣枠の外の空間に新しく巣を作っており無理にはがしたため巣がちぎれて蜜が流れ落ちております。巣を壊したのですからハチもびっくり一気に飛び立ち箱の周りを乱舞しています。ハチたちが勝手に作った空間の巣は不規則にびっしりと箱内に収まっていますが、私も想定外の状況に一度家に戻り、新しい箱と蜜を採取する鍋を持ち再び現場に!

 まずはハチたちが勝手に作った巣を除去するため、上段の箱を移動しようとしますがうまくいきません。何とか上下の箱を離して横に移動しようとしたところ、上の新しい巣が下の段の巣枠にまで到達していたため一緒に持ち上がり箱の中で散乱。ハチもパニックでさらに多くの数が乱舞しています。
 私もこの時点でかなり刺されパニックですが何とか上の箱を横に移動してこの余分な巣を除去します。箱にとりついた巣をへらではがし手で取り除きますが、ここでもどれだけ手の指を刺されたことか?💦一応手袋、防具着はしていますがその上からでも刺してきます。しかし何とか取り除いた巣は冒頭のフォトです。

 悪戦苦闘すること1時間強少し気分が悪くなってきましたのでこれで撤収です!!汗だくでヨレヨレで帰宅。ヤッさんに助けを乞う、車庫のコンクリートに大の字で動けません。

 心配して出てきたやっさん驚きながら「医者行く?」

 私、「医者いらん!水かけてくれ」

 側溝のグレージングにうつ伏せになり5~6分ヤッさんから放水を浴びる。向かいのYさん夫婦心配してきてくれました、通りかかったKさん車から声をかけてくれます。返事するのも億劫な私、ヤッさんが代わって応対しています。恥ずかしいと思うような余裕もありませんでした。情けなや~⤵どうにか家に上がり
 しばらく休息、何とか元気を取り戻しました。皆さんにご心配かけ申し訳ありませんでした。スミマセン~ン!

 こんなバカをやりながらこうして毎日過ごしていけることにあらためて感謝しかありません。今ここにこうしていることにありがたいと感じています。目に見えるもの目に見えないものすべてに感謝です。

 ありがとサン! 真夏の珍事でした。

 
  

| | | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »