山遊び

patrol&山菜

鹿です。

Photo_61

4月28日(日)

 今年初めてのダム湖のパトロールに出かけました。10連休で一番の晴れだと天気予報では言っていたのですが、ボートに乗ってから、お日様は一度も私たちを照らすことはありませんでした。

 まだ湖岸の木々は芽吹いたばかりで、山桜が唯一の慰めです。そんな中シカを3頭見かけることができました。

4月29日(月)

Photo_62

 昨年仕事をした山にコシアブラを採りに行きました。ここはたくさんのコシアブラの木がありましたので、袋いっぱい採取でき、帰宅時に小さな谷でモミジガサも採ることができました。山でフォトを撮ることを忘れてしまいましたので、てんぷらにしたフォトを載せました。右がコシアブラ、左がモミジガサです。

Photo_63

4_3

これはワサビの根(実際は地下茎)のみそ漬けです。辛みがみそに入り酒の肴に最高です。

Photo_64

 こちらは先日干したユゴミですが、針のようにきれいに干しあがりました。こうすれば1~2年は持ちます。まだまだ山の幸たくさんありますので、近いうちに行く予定です。

 こうした山の恵いつもありがとさんです。感謝!!

 

| | コメント (0)

今回は一人・・・

コゴミ

Photo_60

3月22日(月)

 土曜に友とわさび取りに行き、日曜にもお誘いしたのですが、体がもたないので今回は遠慮しますとのことでしたので、その日はワサビのしょうゆ漬けとみそ漬けを作りました。

 そんなわけで今日はわたくし一人でこごみ取りに奥山に出かけました。昼前はハチの様子を見て、午後から山に向かいました。

Photo_57

 車止めから山に入り、道なき谷を登り1時間ほどしかし時期が1週間ほど早い~

2018

 これは昨年25日の同じ場所です。今期は雪はほとんど降らなかったのですが、4月に入っても寒い日が続いたせいでまだ芽が出たとことです。残念!!

 てんぷらや湯がいて食べるにはちょうど良いのですが、干して保存するつもりでしたので少し当てが外れてしまいました。でも誰も来ない場所ですのでナイフでのんびりと採取してきました。

Photo_58

 干すのに適したコゴミはあまり採ることができませんでしたが、湯がいて干しました。小さなものはおしたしと天ぷらでいただきました。

5_2

 これは日曜に処理してつけたわさびです。後で小分けして冷凍しておきます。蓋を取ると目が開けることができないくらいの刺激で辛味もありそうです。

 今回も頂き物ありがとさんです。感謝感謝!!

| | コメント (0)

友と共に・・・

ワサビ

Photo_56

Photo_55

3月20日(土)

 昨年に引き続き友と共にワサビ取りに奥山に赴きました。ワサビのしょうゆ漬けが気に入ったとのことで、奥方から昨年より大きなリュックと袋を持って張り切っています。
あまり山に慣れていない年上の飲み友達でもありますので、無理をせずにまた山も堪能できるよう案内しました。

 車止めから山に入りますが、登りは体力を使いますので、水平移動で小さな谷を見て1キロほど歩きますしかしワサビの葉が見当たりません。どうしても少しはワサビを持って帰りたい友、少し不安そうに時折私に声を掛けます。この時期に山を一日歩けば必ずどこかにあることは分かっていますので、私はのんびりと山歩きです。

 しばらくそのまま歩き少し大きな谷に差し掛かったところで、本流に向けその谷を降りました。かなり急峻な谷でしたので手助けをしながら慎重に下ります。15分ほど降りたでしょうか、小さなわさびがちらほら目に入り、友が必死に採り始めました。

 一株でもあれば、その谷では少しは採ることができますので、私は先行して様子を見ます。やはり途中にはかなり固まって生えており私も少し採取。友もかなり背負っており、以後本流までそのまま降りたところ、時刻はすでにpm1時を回っていました。

 遅い昼食をとりこれより帰るためには、車止めまで登りです。友は方向が全然わからないと驚いていましたが、わさびを背負っての登りはかなりきつそうで、これ以上の荷物はいらないと4~5回休憩をしながら、どうにか元のところまで帰還することができました。

 私より年ですし、山に慣れていないためかなり疲れた様子でしたが、予定通りわさびを手に入れることができ満足そうでした。

1_4

 採るのは簡単なのですが、これを処理するのが、また一苦労なのです。でも一日楽しく山を歩くことができ、その上山からお土産までいただくことができなんてありがたいことだと感じています。

 お山さん本日もありがとさん!!

| | コメント (0)

ワサビpartⅡ

まだ早い~

Photo_26

 

3月31日(日)

 春になりますと毎年ワサビを催促されますので、奥山のいつもの場所に向かいました。ここ2~3日は少し寒くなるとの予報でしたが、車止めから歩き出すと、やはり山のお天気機嫌が悪く雨となりました。一度車に戻り30分ほど待ち、少し雨が弱くなったころを見はかり出発です。

Photo_23

 現地につきましたが、やはり寒さのせいかワサビの葉はあまり大きくなっていませんでした。しかしここまで来ましたので大きなものを探し少しいただいてきました。途中、風も強くなりみぞれから雪になり冷たい沢の水と格闘しながらウロウロ。上着の雨具しか持ってきていませんので、ズボンは完全に濡れています。雪からあられに変わり震えが来ています。もう限界ですのでこれにて撤収します。

Photo_24 

  ショウジョウバカマ

Photo_27   

ミヤマカタバミ

Photo_25

 ミヤマキケマン

良寛の歌で「命あらば またの春べに たづね来む・・・」 私も震えていますが、今ここでこの場所でしか生きることができない小さな花、今年もいつものように咲いています。己に置き換えるとやはりいとおしく思えます。愚性も命あらば来年の春会いに来ます。

 最後にもう一つ、いつも一人で人っ子一人いない奥山に入ると頭に浮かぶ歌です。

 「何事のおわしますかは知らねども かたじけなさの涙こぼるる」愚禿親鸞)

すべてのものに感謝感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

城台山

遊歩道

Photo_11

3月8日(金)~9日(土)

 4年程前より、町中心地にある城台山の遊歩道の維持管理ボランティアをしています。この遊歩道は全長2kmほどで比高は190mほどですので散歩がてら町内の皆さんがよく利用されています。そんなわけで本日は遊歩道の様子を見がてら歩いてみました。

Photo_12 ここが入り口ですが、この付近でもイノシシ、シカの獣害で畑が荒されていますので、昨年の秋ごろ2mくらいのフェンスが張られました。

 Photo_11 すこし上ると展望台があります。

 4 遊歩道はかなり広くゆったりと歩くことができます今の時期は歩道の両サイドに真っ赤な椿の花が目を楽しませてくれています。

 

 

 

Photo_13 「文学碑の径」と名付けられていますので、このような石碑の俳句や短歌を見ながら歩くことができます。揖斐にちなんだ歌もあり、いび城跡までの間に15基ほどたっています。

3 最初の階段を登りきったところに展望台があります。   

5 登りの最後は階段がらせん状に続きます。ここを登り切れば遊歩道の一番の高さとなる揖斐城址です。

 

 

Photo_14 揖斐城址です。出発からここまでで約1.2㎞

6  あとは下りとなります。

Photo_16  

            1.7㎞地点で、彼岸の2回地獄絵の御開帳をしている一心寺(浄土宗)に到着となります。  

 

 

Photo_17

 5月の連休に開催の揖斐祭り子供歌舞伎が催される三輪神社についたのは、出発から1時間ほどでした。ほんとにのんびり歩き、距離にして2kmほどです。

 季節も徐々に暖かくなり、桜も咲きだしますので皆さんが楽しく安全に通行できるよう、ボランティアの皆さんと共に整備を怠らぬようにしていきたいと思います。

 最初に歩いたときは、GPSが作動していなくて軌跡がわかりませんでしたので、結局2日間歩く羽目となりました。しかしこうして動くことができることに感謝です。 ありがとさん!!

 

 城台山遊歩道ルート 

Img002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

山菜

ワサビです!
Photo_3
1月4日(火)

 昨年の春知人に根付きのワサビを差し上げたところ、近くの谷川に移植をして丹念に世話をしていたそうですが、秋の台風の倒木や谷川の氾濫があり全滅してしまったとのことでした。
 
 そんなわけで機会があったら少しわさびを採取してほしい旨頼まれていました。
3月ごろと思っていましたが、今季は雪が深くありませんので、本日山に向かってみました。
 いつもなら4~50センチ積もっている林道ですが、今日はほとんど雪はありません。いつもの車止めまで行くことができそこから歩き始めました。

2_2

 しかし、山に足を踏み入れると30センチほど積もっています。滑り落ちないように慎重に歩を進めいつもの場所を目指しましたが、少し雪が深くなってきましたので、途中の小さな谷にあったワサビを少し頂戴して今回は退散します。
Photo_2
1_3
 谷の水はとても冷たいのですが、10株ほど山のお土産が手に入り、暖かい気持ちで帰途に就くことができました。

 お山さんありがとさん!!









| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の足慣らし

滝だ~
Photo


4月4日(水)
 自転車に次いで本年最初の山歩きをしてきました。 このところ気温も急激に上昇、歩き始めてすぐに汗が吹き出しました。しかしまだ日陰には雪がかなり残っています。

Photo_2 ミヤマキケマン 山菜の季節を知らせる春の花です。

Photo_3 トクワカソウ

Photo_4



ショウジョウバカマ


Photo_5  雪解けで水量の多いい谷川を遡渓します。

2       ようやく目指す滝に到着。

3  圧巻です。








Photo_6 イワナシ

Photo_7 キクザキイチゲ

Photo_8



コミヤカタバミ

2_2  人の愚かさも受け入れて帰路につきます。

Photo_9  この時期は帰路と白の花が目立ちます。アブラチャンとキブシの花です。
 こぶしの白も山肌に点在しています。お目当ての滝を目にして満足気分でのんびり春の日差しを浴びながら下山しました。今年もこうして山を歩くことが出来ています。感謝感謝です。
ありがとさん!!



| | コメント (1) | トラックバック (0)

ツルウメモドキ

毎年恒例
2_2

11月28日(木)
 
 本日はこの時期恒例となっているウメモドキを採りに山に向かいました。毎年玄関の飾りとしていますが、22日に一度山に様子を見に出かけた折は
少し早くまだからが割れていませんでしたので、再度赴きました。

3_2
 紅葉もすでに終盤、奥山は早くも雪を頂いています。冷たい風が少し吹いていてかなり寒く気持ちが高まりません。
Photo_2  中央すこし右の木に登ります。
2_3  年のせいか最近木登りに少し恐怖感を覚えるときがありますが、どうにかよじ登り採取しました。

3_3

 後日、我が家の玄関にこのツルウメモドキを飾ってみました。これで1年間来客の方に楽しんでいただけるものと思います。かなりかっこよく出来上がり満足です。

口にするものだけでなく目にするものまで頂きありがとさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ採り

ナラタケ
4

11月27日(水)

 今年初めてナラタケを求めて山に向かいました。よく晴れていてのんびり向かえそうです。

 6 車で走ること約1時間、車止めに到着。これより山に入りナラタケを探しながら小尾根を登りました。伊吹山が樹間から見えます。
1  歩くこと2km余、昨年訪れたところまで着き、枯れたコナラの木に付くナラタケを探しますが、すぐに見つけることはできません。昨年よりあまり発生してなくてかなり広範囲を探索。しかし動けば何かに必ず当たるもので、ナラタケを発見採取することが出来ました。




2  倒木にもたくさんついています。

3  時間を忘れふと気が付くとすでに午後2時近くとなりましたので、
だれにも邪魔されることない山の中、ここでゆっくりランチタイムを楽しみます。
 お腹も満たし気持ちもすっきりそして
リュックもかなり重くなり充分お山の幸もいただきました。満足満足です。

Photo  本日に収穫です。

1_2 5  鍋にしたり、大根おろしに入れ食します。少し湯がいて冷凍保存すればいつでも楽しむことが出来ますので重宝しています。
 こうして本日も一日楽しく送ることが出来ました。

目に見えぬすべてのものに感謝です。 ありがとさん!! 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランティア活動

遊歩道整備
Photo_5


11月21日(火)
 

 本日は町内の遊歩道の整備をしてきました。里山を走る1.6kmほどの道ですが皆さんが気持ちよく歩くことが出来ればとボランティアでやっています。

2   揖斐川町を呼んだ歌碑がある遊歩道です。

3  城址までやってきました。

4  時折山腹から垣間見える揖斐川と揖斐川町市街を望みのんびり下ります。
 歩道にはあまり下草はありませんでしたが、階段にはかなりの土砂が流出していました。そんなわけで26日には「城台山と揖斐川町並みウォーキング」のイベントがありましたので、早起きして2時間ほどかけ土砂を撤去しました。

 子供を含む多くの町民の方が楽しく遊歩道を歩いてくれて私の微力なお手伝いも役に立ちました。

ご苦労さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧