自転車

相棒

P5300117

5月31日(月)

 本日は3か月待ちで予約していました認知症の病院に行ってきました。この病院はタレントの蛭子能収さんが受診されたとのことで知られているようです。病は探すものではなく体が教えてくれるものと思っている私、離職後は行政から等の検診など、歯医者さん以外一切受けたことがありません。
 
では何故?実は2月にヤッさんと娘で四国を歩き遍路した折、あまりにも毎日忘れ物が多く多々叱責を受けました。これは自分でも言い訳できず素直に受け入れざるを得ませんでした。そんなわけで検診がてら本日訪れたということです。

 付き添いが必要とのことでヤッさんも一緒です。問診や、認知症のテストらしきものとMRIの検査も初めて受けました。念のため血液検査もやっていただきました。
 結果は年相応のボケとのこと、MRIの見立ても脳血栓、脳梗塞の痕跡、兆候は一切見受けられないと太鼓判を押されまして無事終了です。

 気分良く帰宅して少しテンションが上がっています。「あす無きものと思い」をもっとうに日々送っていますが、明日ぐらいはまだ大丈夫かな?とは思いますが、先日の山行で冠山から金草岳も歩こうと思っていましたので明日実行することにしました。
 以前冠山は一度バイクで峠まで行き登りましたので、今回もバイクで向かうためしばらく休眠している相棒のバイクの手入れをしました。

P5300119

 このロードバイクは日帰り用で近くをポタする折に乗っています。西美濃33霊場巡りはこの相棒で走りました。

P5300121

 このマウンティンバイクは宿泊しながらの長距離走行時に使用します。西国33霊場、知多33霊場、能登半島一周などたくさんの荷物とともに走ってくれる相棒です。

P5300120

 そして今回の相棒はこのロードバイクです。これは実は2代目で通勤に乗っていました。最初のビヤンキは事故ってフレームが折れご臨終となりました。初代と今のバイクで通勤に11年ほど乗っており距離にして7万キロは走っていると思います。ブレーキとギアの調整をして、必要な装備品も付けました。

この相棒とともに明日は金草岳に挑戦です!!!

何の苦も無くこうして自由な時を過ごせることに感謝です。目に見えぬ何かに感謝、ありがとサン!

 

 

| | | コメント (0)

知多西国33観音巡り Ⅳ

(4日目) 満願成就
Photo
2月20日(水) am6:31
 昨日は雨の中いろんなトラブルがありましたが、何とか走りきることができました。半田市のインター近くのホテルで昨晩は泊り、本日は残すところ3寺(のはずでした)で満願となりますので気合を入れて早朝7時前に出発しました。
31
am7:30 三十一番ー安楽寺(10.1km)
 半田市の市街地を抜け北に向けてペタルを漕ぎます。昨日の雨は過ぎ去っており、道路もほとんど乾いていますので、体力のある出始め元気よく疾走しています。安楽寺に到着!!まだ境内には誰の姿もなく、一人手を合わせお経を唱えました。
 お寺を後にしてしばらく走るとタイヤに異変が、案の定再びパンクです。昨日の今日でガックリです。予備はありませんので、自転車店を探しがてらバイクを引いて歩きますが、しかし市街地ではありませんのでやはりお店は見当たりません。
 1kmほど歩いたところのコンビニで休憩がてらスマホで検索すると、近くに石川サイクルというお店が見つかりましたので向かうことに…
 
 思った通り昔ながらの自転車店で、今はほとんど営業してないとのこと、かなりのお歳のご主人が「工具があるから自分で修理しなさい」と仰ってくださいました。
 雨の当たらない場所で、その上お茶まで出していただき、霊場巡りの話を交えながら修理を終えることができ、何度もお礼を言ってお店をお暇しました。本当にありがとうございました。感謝です。
32
am9:35 三十二番ー光照寺(8.85㎞・累計18.65km)
 パンクの修理で少し時間を取りましたが、今朝来た方向に戻る形で半田市内に入り32番札所(光照寺)につきました。お参りを済ませいよいよ最後のお寺に向かいます。
33 am10:05 三十三番ー観音寺(4.37㎞・累計23.02㎞)
 いよいよこれで33観音霊場満願と興奮しながら走り、結願所が近くになるにつれ見覚えのある道、家並みが現れました。ここは昨日30番札所だと思い最後にお参りしたお寺(観音寺)だったのです。
 札所巡りの本を広げ確認しますと、30番(東浦町)と33番(阿久比町)は観音寺で名前が同一だったのです。昨日30番と思い巡ったお寺は、33番の観音寺だったのです。なんという失態、境内に座り込みしばらく唖然!!ちなみに24番札所のお寺も観音寺で、同じ名前のお寺が3寺あるのです。
 少し休憩をして気を取り直し、スルーしてしまった30番の観音寺を目指してバイクを走らせます。
30
am11:29 三十番ー観音寺(9.79㎞・累計32.81㎞)
 今日は同じところを行き来しています。しかしこれが最後のお寺となります。そして、ようやく東浦町の観音寺に到着。昨日の勘違いとパンクのアクシデントがありましたが、これにて満願成就となりました。あとはわが家を目指すだけです。
Photo_2 途中ヘルメットが壊れ購入しました。予定外の出費でしたが、致し方ありません。
Photo am3:20
大府市から名古屋市内に入り、一宮市から岐阜県に入ったころには日もすっかり落ちていました。ここまで来ればナビがなくても走ることができ安心ですが、時間はすでに午後7時を回っていますし、我が家までにはまだ少し距離がありますので羽島駅近くのホテルで宿泊することとしました。
   
   札所   30番~33番
   走行距離   96.8km
   Total     381.72km

Photo_4 (5日目) 2月21日(木)
 最後の宿泊で、今回の旅も何とか完結できそうなこともあり、安ど感と喜びで少し興奮、ビールを少し飲みすぎました。翌朝はのんびり起きてホテルを出たのが8時ころ、そのまま岐阜に向かい、途中友人宅に寄り談笑した後は、のんびり根尾川を渡り帰宅しました。
 
      走行距離   38.2km
   全行程距離    419.92km 

 自宅についたのが、正午少し前でした。季節的には少し寒い時期で、その上いろんなアクシデントが重なり苦労しましたが、その一瞬その一日どんな形であれ過ぎ去っていきます。結果が良くても悪くてもあまり意味のないことかもしれません。三世空で今この時があるだけのようです。般若心経262文字を32回唱えてきましたが、当然、無も空も理解できません。
 
 しかし一つ確かなことは、この旅は間違いなく楽しかったです。こう感じられることに感謝感謝です!!
 さて次は何をしましょう? では・・・

ルート(4日目)

ルート(5日目)


 

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

知多西国33観音巡り Ⅲ

(3日目) 雨が~
3
2月19(火) am8:06
  早朝起きた折には、まだ雨は降っていませんでした。でも朝食をホテルで済ませチェックアウトして外に出ますと、すでに路面は濡れていました。予報通りとはいえ少し気持ちが沈みます。
 しかしさらに追い打ちをかける出来事が待ち受けていることは、この時は知る由もありませんでした。本日の予定は32番札所まで行こうと決め、雨具で身支度をしてバイクを走らせました。
21_2
am8:26 二十一番ー観福寺(1.51km)
 昨晩適当に決めたホテルが、本日の最初の札所の近くでラッキーでした。そのうえ21番札所を含めた4寺が、東海市役所周辺2㎞範囲に位置しています。
22_jpg am8:51 二十二番(玄猷寺)
29 am9:16 二十三番(清水寺)
24
am9:38 二十四番ー観音寺(5.96㎞・累計7.47㎞) 
25
am10:44 二十五番ー圓通寺(5.73㎞・累計13.28㎞)
26  
am11:24 二十六番ー長寿寺(3.38㎞・累計16.66㎞)
 東海市エリアの4寺の次は、東に移動して大府市周辺をめぐります。26番札所長寿時は霊場の中でも最も北に位置しており、名古屋市に近いこともあり人家、道路とも都会感があります。
27
am12:21 二十七番ー普門寺(8.63㎞・累計25.29㎞)
 ルートを戻る形になりますが、少し南下して大府市の横根町にある普門寺です。以前雨は小降りですが降り続いています。
 このあたりから私の携帯している文明の利器、カメラとGPSが変調をきたしてきました。お気づきかも知れませんが、前添付の2枚のフォト少し色が強い感じです。そして、GPSは時折スクロールやタップをしても反応しない時があるようになりました。両者とも一応防水対応ですが、やはり完全防水ではありませんので、雨により何らかの影響が出たようです。
28
pm2:21 二十八番ー常福寺(距離?)
 GPSの状態はあまりよくありませんが、これ以上雨に濡れないよう懐に入れ操作します。次ポイントまでどうにか案内をしてくれていますが、あまりスムーズではありません。後から分かったのですが、本日の走行は30㎞以降は記録として残っていませんでした。泣ける~!!
29_2
pm3:06 二十九番ー傳宗院(距離?)
 4kmほど走り傳宗院に到着。残すところ後わずか、雨ですが気合を入れ30番札所(観音寺)に向かいます。
 
 弱り目に祟り目、5kmほど走り阿久比町に入った辺りのところでパンクしてしまいました。雨の中修理するには少し無理がありましたが、予備のチューブは持っていましたので、少し小雨になった折に歩道で交換しました。本当についていません。トホホホ…
33
pm5:16 三十番?ー観音寺?(距離?)
 パンクのアクシデントもあり、思いもよらぬ時間を取りましたが、ようやく観音寺に着きお参りを済ませたころには、曇天のこともありすでにあたりは暗くなっていました。本日はここで切り上げ、宿探しのため市街地を目指します。
 このころには、カメラはシャッターが切れても映像が出ません。そしてGPSも反応しなくなり、やむを得ずスマホを頼りに走っていましたが、ついにスマホのバッテリー残量も底をつきました。そんな訳で右往左往して、余計な距離を走っていたようです。
 途中本屋さんに入りホテルを聞き、チェックインしたのは午後7時近くとなりました。本日は雨に降られ体が冷えており、いろんなハプニングで疲れました。あまり動きたくはありませんでしたが、ホテルでは夕食がなくやむなく外食です。
 
 今日はいろいろありましたが、何とか暖かいベットに入ることが出来、ホットしています。
 札所         21番(観福寺)~30番(観音寺)
  本日の走行距離      73.2km
 Total             284.7km 
 本日も無事で走ることができ感謝です! ありがとさん!! 
コース(3日目)
 
 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

知多西国33観音巡り Ⅱ

(2日目) 知多半島南端から~
2
2月18日(月) am7:17
 昨日はよく走り、予定通りに師崎港付近に宿をとることができました。昨晩は暗くて見えなかった海が、気持ちよく晴れた今朝は目の前に広がっています。2日目出発です。今回の観音巡りは、以前の霊場巡り同様一番札所から始め、以降は札所順に回ることにしています。そんなわけで効率は良くありませんが、私なりの決め事として貫徹したいと思っています。
3  
am7:33 三番ー正衆寺  (1.67km)
 昨日は二番札所で終了しましたので、本日最初は三番ー正衆寺を目指しペタルを漕ぎます。南知多町豊浜市街の小高い所に位置していましたが、少しわかりずらく最初から苦戦しまた。
 知多半島南端のエリアには九寺集まっていますが、昨日一,二番は済ませましたので、正衆寺を含め残り七寺です。
4_2  
am8:09 四番ー影向時 (3.76km・累計5.43km)
5_2
am8:28 五番ー極楽寺(2.82km。累計8.25km)
6_2
am8:52 六番ー神護寺(4.54km・累計12.75km)
 かなり速いペースで札所をめぐり、次の7番札所ー法華寺に向け半島東海岸を北上します。
7
am10:03 七番ー法華寺(8.95km・累計21.7km)
 国道247号線沿いに北上して、中間地点から海岸線を離れ9kmほど走り、こじんまりと静かに佇む法華寺に到着。
8
am11:07 八番ー影現寺(9.08km・累計30.78km)
 その後もさらに北上し、三浜町近くの八番札所ー影現寺(別名ー時志観音)を目指すが、寺近くになりナビに道もないルートに導かれ、時間もルートも大幅に食ってしまいました。どうにか辿り着きお参りを済ませて、次は知多南端エリアの最後の九番札所に向かいます。
 今度は三浜町市街地から半島を横断して西側の南知多町の持宝院に向かいます。
9
pm0:02 9番ー持宝院(8.76km・累計39.54km)
 南知多道を横切りアップダウンを繰り返しながら走り、名鉄知多線「内海駅」近くの持宝院に到着です。正面にレンガ造りの橋がかかったに池があり、その向こうに急こう配のかなり長い石の階段があり、そのうえが本堂のようです。少し荒れた感があります。私は階段はやめて、バイクとともに橋手前の左の坂道を上り、お参りを済ませました。
 
 ここからは半島西側を北上して、常滑市のセントレアライン南に点在している5か所のお寺をめぐります。
10
pm1:49 十番ー来応寺(14.71㎞・累計54.25)
 ほとんど海が見える海岸線を北に向け走り、途中46㎞付近のコンビニで軽い昼食をとり、さらに進むと道路に沿って立つ小さなお寺、十番札所の来応寺に到着です。
11
pm2:08 十一番ー安楽寺(1.88㎞・累計56.13㎞)
1
pm2:31 十二番ー高讃寺(4.07㎞・累計60.2㎞)
13
pm2:50 十三番-洞雲寺(1.41㎞・累計61.61㎞)
14
pm3:10 十四番ー大善院(1.72㎞・累計63.3㎞)
 最長5kmぐらいの範囲でこのエリアを巡り、これよりセントレアラインを超えさらに北上、15kmほど走り常滑市金山地内に15番札所(中之坊寺)に到着。
15十五番ー中之坊寺(6.91㎞・累計70.21km)
16 十六番(三光院)
17
          十七番(慈光寺) 次の18番までは常滑市と知多市の境界付近にまとまっていますので効率よくお参りできました。                
 
18 十八番ー大智院(4.23㎞・累計74.44㎞)
 中之坊寺から周囲1.5㎞範囲に4寺が点在しており、短い時間で巡ることができました。しかし例のごとく、18,19番はナビがお寺の裏に案内しており、辿り着くのに苦労するとともに失礼なお参りとなりました。
19
pm5:36 十九番ー慈雲寺(5.32㎞・累計79.76km)
20
pm6:06 二十番ー栖光院(4.14㎞・累計83.9㎞)
 十九番札所を出て走り出しますと次第にあたりは暗くなりましたが、本日の予定は20番札所までとしていましたので、残りあと一つ頑張ってサドルにお尻を落とし走っています。
 栖光院に到着したのは午後6時過ぎ、すでに暗闇の中、明かりがなく経本の字もわかりませんので、三十三霊場中唯一このお寺だけお経をあげることができませんでした。 残念!!
 さて今日は一日よく頑張りました。予定通りにお寺をめぐりあとは本日の宿探しです。3kmほど離れたホテルをスマホで予約して向かい、ホテル内で夕食を済ませ、お風呂に入り床にはいりました。
 札所  3番札所(正衆寺)~20番札所(栖光院)  計18寺
 本日の走行距離  86.64㎞   
 Total        207.38km
 明日は雨との予報そのため本日急ぎましたが、無事に終了したことに感謝、感謝です。ありがとさん!!

ルート(2日目)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

知多西国33観音巡り Ⅰ

(1日目) いざ出発!!
Photo
2月17日(日) am7:07
 
 昨年計画していた知多西国33霊場巡りを実行出来ず少なからず気になっていました。自分の思いを後伸ばしにできるほど時間に余裕のある身ではありませんので、春とはいえまだ寒さの残るなか、意を決して霊場巡りに出発しました。
 今回はまだ寒さも残っていますので、テントでの野宿は避けまして、宿で泊ることとしましたので、いつものマウンティンバイクではなくロード使用のバイクで走ります。
 以前の西国巡礼巡り・能登半島一周時の重装備とは違い、少しの着替えと小物をリュックに背負い走り出しました。久しぶりのバイクですがあまり力むこともなく満願成就することを願い、朝焼けの中を走ります。
Photo_2 am8:27 (19.7km)
 揖斐川右岸道路を南下して約20km地点、大垣市の直江町で左折して揖斐川を渡り県道18号線を東に進み、一宮市から名古屋に向け南進します。
 
Photo_4  am11:26 (52.6km)
 おお!大都会名古屋駅です。
Photo_5  人と車が行きかう雑踏の中、車道は走ることができませんので歩道を少し遠慮がちに通行させてもらいます。
 少し郊外に出て多少は走りやすくなりましたが、おなかもすいてきましたので、途中コンビニに立ちより遅いお昼を取りました。
Photo_6  pm3:43 (97.4km)
 半田市を抜け武豊町に入り名鉄河和線沿いに南下して富貴駅を過ぎたあたりから国道247号を離れて、最初の札所の岩屋寺に向け走ります。あとから分かったのですが、地図も確認することなくナビを頼りに走っていたので、この地点以後かなり遠回りをしていて余分な距離を走ってしまいました。
Photo_9  
 pm5:22 (114.6km) 1番札所ー岩屋寺(千手観音)
 初日です。少しバテ気味ですがよく走り知多西国33観音霊場1番札所の岩屋寺に到着!! すでに人影はなくただ一人お堂に向かい最初の般若心經を読誦。
 知多の霊場巡りは、西国とあともう一つ知多四国88霊場がありますが、今回私は西国霊場を回ります。
Photo_10
 二番札所ー奥之院 (聖観音菩薩)
 岩屋寺の山門を右へ500mほど足を進めると奥の院です。大師が100日護摩を焚いて開創されたという。すでにあたりは少し暗くなってきており、うっそうとした木立の中なお寒く感じられます。
 奥の院を出発したころはすでに闇の中、今夜の宿探しのため4kmほど離れた豊浜漁港に出、「つみ木」という喫茶店にて食事がてら宿探しです。お腹を満たしてネットにて宿を検索するも思うようなところがありません。お店の方に尋ねると、知り合いのやっているところがあるからと照会させていただきました。
 お店の方にお礼を言って、少し離れたマルハ旅館が本日の宿となりました。お風呂に入り明日の支度をするとすぐに寝入ってしまいました。
 
 自宅~1番札所(岩屋寺)~2番札所(奥の院)  計2寺

 本日の走行距離ー121km

 事故もなく感謝、感謝。お疲れさん!! 

ルート


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

初ポタ

歳ですな~
Photo_4
1月6日(日)
 昨年は仕事の依頼が多く、バイクでのロングランができなくて少し悔やんでいました。近くを走ったのみでほとんど乗っていませんでした。

Photo_4

 そんなわけで本年は愛知県の知多33観音霊場巡りを目標に、体力を計るため少し走ってみました。am10:51揖斐川町をスタート!!

Photo_6
am11:46
 右手に伊吹山を眺め久しぶりのポタで少し興奮気味、力んでペタルを踏み込みます。揖斐川右岸を南下しますが、最初は昔のようにスピードが気になり30km/hほどで飛ばしました。
 輪之内町から堤防を降り、海津町に向け走り出したころは体も温まり少し汗ばんできました。今日の目的のもう一つは昔の友に合うこともありましたので25年ぶりの再会こちらも少し興奮です。
 幸い願い叶い友と会うことができ、共に昼食をしながら若かりし頃の話で盛り上がりました。また連絡を取ることを約し1時間少しで踵を返しました。

pm3:04
 帰りはやはり少しバテ気味でしたのでおのづとのんびりと走ります。途中おちょぼ稲荷(冒頭のフォト)に立ち寄ろうと思ったのですが、やはり新春かなりの人出でしたのでそのまま素通りです。

Photo_7
pm4:39
 揖斐川左岸を北上し、冷たい向かい風に、喘ぎながらようやく根尾川を渡ります。このころはすでに日が沈もうとしていました。

Photo_9
pm5:32
 ようやく自宅に到着したころはあたりもすでに夜の闇に包まれていました。お帰りのやっさん(家内)の声にもそっけなくすぐさま風呂に入り、冷えた体を温めることができました。
 ひと風呂浴びてようやく落ち着き夕食にありつきました。今晩はイノシシのハツ(心臓)の野菜炒めで、冷たいビールとともにきれいに頂きました。

走行距離  82.0km

今年初めてのバイクの足慣らしどうにか完結です。まだ一日100kmぐらいは行けそうですので安心しました。でも少し足が痛い~!

 こうして新しい年も明けましたありがとさん!! 感謝 感謝です。

 
 
 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

足慣らし

必死に漕いで
Photo

3月3日(土)

 猟の方もほぼ終了の感があり、このところ時間が有り余っています。本日も新聞に目を通した後、こたつの中で読みかけの文庫本を手にしています。ヤッサンも台所仕事を終え、一緒にのんびりしています。

 窓の外に目をやると、きれいな青空のもと温かい日差しが部屋に差し込んできています。しばらく眺めていますとなんだか無性に体を動かしたい衝動にかられ「よっしゃ!!」の大声とともに起き上がり、本年最初のポタに行くことにしました。目的地は郡上市の私の生家です。
 ヤッサンも大きな声に少し驚いていましたが、いつものことと冷たい視線を投げかけてきています。

 「メメントモリ」思い立ったら吉日、今を生きています。早めの昼食を済まして身支度を整え動き出しました。

Photo_2  自宅を出たのが午後1時少し前、今年初めてのバイクでのポタリング元気よくペタルを漕ぎます。

Photo_3  pm1:15  根尾川(7.5km地点)を渡る。今年の体力測定もかねて久しぶりのバイクでのお出かけです。少し空気はひんやりとしていますが、気分爽快でさらに進みます。こうして風を切り疾走していますと、本当に「生きている~」と感じます。

Photo_2    岐阜市から山県市高富町に入り、なおも東進して武儀川(32.38km地点)を渡ります。

2  pm2:53 ようやく長良川(40.56km地点)に辿り着き、これより国道156号線を北上します。
 久しぶりのポタですが、途中フォトのため立ち止まった程度でここまで順調に走ってきました。

1  長良川に沿って遡上して53.6km地点でコンビニに入り初めての小休止を取りました。バナナを購入して食べ20分ほど休んだでしょうか、再び走り出します。

Photo_4   60kmを過ぎた頃より左足のももに少し痛みを感じましたが、どうにか八幡駅(69.48㎞地点)に到着です。
 やはり少しペースが遅くなりましたが残り10km余を走り、大和町にゴールしました。

走行距離 80.9km 所要時間 4時間41分

 郡上で一泊して次の日に同じ行程で帰宅することが出来ました。本年最初のポタリング無事に走りきることが出来、ご苦労さん!今年もこうしてまだまだ走れそうで感謝感謝です。

ありがとさん!!



 



| | | コメント (0) | トラックバック (0)

能登半島一周 part3

完結編
Photo


11月12日(日)

 9月に終えた能登半島一周のバイク旅、足のアクシデントで途中40kmほど走っていませんでしたので気にかかっていました。本年中に完結すべく本日北陸に向け出発しました。

 最初は一人で向かうつもりでしたが、ヤッサンが同行してくれることになり、前回同様冠峠越えで石川県の加賀温泉駅まで向かいました。

Photo_2  車にバイクを積み込みヤッサンと二人で前回足を痛めてリタイヤーした駅に到着、これより金沢市に向けて出発です。今回はマウンテンバイクではなくロードバイクにて走りますし荷物もありませんので快適に走れそうです。

Photo_3  気持ちよく疾走していましたが、20km過ぎた地点で後ろのタイヤがパンクしました。予備のチューブに取り換えしばらくするとまたまたパンクです。ウッソ~

 最初のチューブ交換時に何かが刺さっていたのでしょうタイヤまで確認をしなかったため再度修理する羽目となりました。その後は何事もなくヤッサンが待つ金沢市まで走ることが出来、これで正真正銘の能登半島一周となりました。

 金沢市からは前回のバイク旅で立ち寄ることが出来なかった景勝地を二人で車にてめぐりました。いつも一人で好きなことを楽しんでいますので今回はヤッサンにも楽しんでもらいます。

Photo_5 輪島の朝市

Photo_6 禄剛崎灯台 

 

 

 

 

能登島Photo_7






Photo 能登大仏

Photo_2

 

窓岩

Photo

 

 

 

 

白壁土蔵街



 

 

 等々、2泊3日でのんびりフルムーン旅行を楽しんできました。たまには二人で出歩くのもいいもんです。

Img012_2

 青いルートが今回のバイクにて走った奇跡です。

前 回走行距離   782km

今回走行距離    42.8km

総走破距離    824.8km

 気がかりなこと完結でき満足です。二人に与えてくれたこの良き時間に感謝感謝  ありがとさん!!


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

能登半島一周 part2

今年の最大イベント
Photo
8月30日(水)

 昨日は午後から雨に降られ、輪島市にて泊りとなりました。足のアクシデントもありあまり距離が伸びていませんので、AM5:00頃本日は早めに宿を出ました。少し洗濯物がありましたのでコインランドリーによると、小生と同年配の先客が一人。少し話していますと、店のオーナーでバイクのチームのリーダーとのことで、しばし話が盛り上がりました。

 2時間ほどで洗濯を終え、コンビニで朝食。輪島市を後にし海岸線を奥能登に向けひた走ります。朝のひんやりとした空気が心地よく知らぬ間にハイスピードに…

Photo_2 青い空と青い海、気分良く疾走。千枚田式揚げ浜式塩田を見てAM11:00少し前に能登半島最先端の狼煙町に到着。

Photo_4  近くの景勝地を少し巡り、再び海岸線を南下します。途中、足のアクシデントを知らせたヤッサンに元気の報を入れました。小生が好きなことに精が出せるのもあなたのおかげと感謝しています。  

 

珠洲市街を抜け、恋路海岸を眺めすこし山中に入り、能登町から再び海沿いを走ります。すでに時刻は午後5時近くとなっており距離も100kmを越えていましたので、健康施設「なごみ」にて小休止。時間的に海岸線は無理と判断、高低差はありますが国道249号を走り穴水市街に向かいました。

Photo_6  距離はかなり短縮できて、七尾湾に出たときは午後6時過ぎとなり少し夕闇が迫っていました。
Photo_9 Photo_10  何か郷愁を感じるボラ待ち櫓を左に見て、穴水市街に入り能登七尾線の穴水駅に到着、本日の宿とします。
 バイクを止め一休みをしていると、同輩から声をかけられました。この方も今晩の宿をこの場所と決めているとのことで、120ccの単車で鹿児島から来られており、今晩の話し相手が出来ラッキーです。本日はよく頑張りましたので、ご褒美として近くの店でカツカレーを食べました。うまい!!

 

 夕食後、駅の待合室で二人寝袋に入り、遅くまでよもやま話をして時が過ぎ、夢の中に…。人の縁はこうして旅をしたときに特別に結べるわけでなく、日々生きる過程のその中で常に出会うことが出来ます。そうして出会えたその時、その一瞬大切にしています。
 この方は9月1に行われる越中おわら風の盆を見て名古屋方面から四国に向かい帰郷されるとのことでした。

 

 走行距離 127km

 

楽しい出会いに感謝!!今日も無事でまたまた感謝です。

 Photo_11

8月31日(木)

 昨晩二人でお世話になった穴水駅です。迷惑にならぬよう早起きをして身支度を整え、互いの健闘と旅の無事を祈り、一期一会の出会いを喜びながらお別れしました。

Photo_12  まづは近くの能登大仏を訪れてから、七尾湾沿いを走り南下します。
Photo_13
 能登大橋が小さくなっていきます。氷見市に入ったのが午前11時ころ、しばらく海岸線を走り氷見市街の「道の駅氷見」に到着したのがちょうど正午、施設内で昼食を取りました。午後からは高岡市を通過して富山市に入ったのが午後3時ころ、これより岐阜県境に向け上りに入ります。

Photo_14  市内から走ること26kmほど、途中コンビニで腹ごしらえをして「道の駅 細入」で小休止。さらに少し走り高山線のJR猪谷駅到着したのが午後7時近くでした。富山市内から高低差にして200mほど勾配は0.7%で疲れました。

 そしてここが今晩の宿となりました。この駅はJR西と東の両方が乗り入れているとのことで、形態としては珍しいとのことでした。

 走行距離 133km

 本日も何事もなく終了となりましたが、早朝3時ころ新聞が駅に配達され、それをまた配達される方が取りに来られましたのでのんびり眠ることが出来ませんでした。一応頭を下げて隅で小さくなっていたのですが、でも少しお邪魔だったでしょうか? すみませんでしたお許しください。

Photo_18

9月1日(金)

 早朝5時30分、神通川(日本海に注ぐ)沿いを登ります。すぐに県境となり岐阜県飛騨市に入りました。
Photo_19  
勾配1%の登りを22kmほど走り神岡町に到着。これより本日の難所、数河峠に向かいます。勾配4.4%で11kmほど登りますが、やはり途中でたまらず歩いてしまいました。情けな~い!! なんとか峠に辿り着き飛騨古川町に向け今度は下ります。

Photo_20  宮川(太平洋に注ぐ)に沿って国府町から高山市街に入りました。朝市の通り、桜山八幡宮を通過して市街を抜け、宮峠を越えて41号線を南下して臥龍桜で知られる飛騨一ノ宮から下呂市街に入り、さらに温泉街を通り抜け、飛騨金山町に向けひた走ります。

 今晩は金山町の友人宅にお世話になろうと思っていますので、遅くならないうちにと急いでいます。ようやく金山に入りましたが、すでに午後5時過ぎです。距離はすでに130kmを越えました。
 友に連絡を取ると、軽トラ出迎えに来てくれました。そんな気持ちに感謝感激です。「お前は浮浪者か?」と開口一番手遠慮のない言葉が飛んできましたが、突然の訪問にもかかわらず夫婦で歓待していただきありがたいことです。

 ゆっくり風呂に浸かり旅の話や昔話にと楽しい時間を持つことが出来ました。こうして、今でも付き合うことが出来る旧知の友がいることに本当に幸せだと感じてます。

走行距離 147km

暖かい布団でゆっくり休むことが出来ました。ありがとさん!!

Photo_21

9月2日(土)

 本日は最終日です。のんびりと友人宅を出発してラストラン、これより勝手知ったる道軽快に走りました。通称関金山線(県道58号)を西進して、正午頃関市の長良川を渡りました。

Image1 Image5  余すところゴールまで30キロほど、8月26日にスタートして本日で8日目です。残り6km地点で信号待ちをしていると、後ろから声をかけられました。同じバイク乗りの方で、「能登半島一周」のラストランだと伝えると、我が家まで伴走してくださいました。最後の最後でもまた縁でつながることが出来ました。

 我が家に到着したのが午後3時21分

 本日の走行距離 76.5km

 

 総走行距離   782km

 

 全日程 8日間

 今年もこうして私にとっての大きなイベントを終えることが出来ました。途中アクシデントの見舞われましたがなんとかこうして完結できたこと感謝です。

 
「沖の干潟遥かなれども、磯より潮の満つるが如し」と死に対して徒然草で言っているように、明日ありと漫然と思うことなく本日ただ今この一瞬のみが生きることと肝に銘じ日々送ろうと思っています。

 今回のバイク旅行完結です!!

Photo_23

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

能登半島一周 part1

今年の最大イベント
Photo_9

8月26日(土)
 
 私にとって
本年の最大イベント「能登半島一周」のバイク旅、意を決してスタートしました。昨年の西国33霊場巡り(3回に分け、計1.783km)に続き第2弾となります。まだ本格的な暑さの残るなか、1日目は福井県境の冠峠を越え行きつくところまでと決めペタルを漕ぎだしました。 

 標高差約980m、距離にして55kmの峠目指し飛ばします。 途中かなりの勾配に降参して少し歩きましたが、懸命の漕ぐこと6時間ほどようやく峠に到着。登山にきていた熟年山ガール3人組と一緒に昼食を取り、よもやま話でしばし休憩。
 「お気を付けて」のあいさつを交わし今度は下りです。約20kmほどペタルを漕ぐ必要もありませんので気持ちよく走り、池田町を過ぎ100km地点で福井市に入る。
Photo_10  
 そのまま市内を抜け坂井市、あわら市に突入したころには少し暗くなってきました。本日の宿探しで少し走り、蓮如上人が比叡を追われて北陸に逃れてきた折、布教の拠点にした「吉崎御坊」にてテントを張ることにしました。しかし付近に食事をとるところもなく、途中コンビニで買ったパン2個と自販機のお茶で夕食は済ませました。
 本日の走行距離   137km 

 少し寂しい夕食  お腹すいた~

8月27日(日) 

 昨夜はお腹が減っていたのか2度ほど目が覚めました。早朝6時前に起床、テントを畳み身支度をして出発です。峠越えが効いたのか少し体が痛く感じますが、サドルにまたがりました。
 
大聖寺川沿いに走り始めましたが、左足に痛みが走ります。よくある痛みと思いそのまま走りますが、痛みが治まるどころかさらに強くなっていきました。時折足をかばい歩いたり、小休止しますが一向に収まりません。
 どうにか10kmほど走りましたが、加賀市の加賀温泉駅にてギブアップです。左足の付け根が痛く、足を上げることも出来なくなりました。

 『ウッソ~』バイクにてこんな経験初めてですので信じられません。でも足を引きずらなければ歩くことも出来なくなり万事休すです。まだ2日目でこんな状態、ガックリですが計画断念も考えなければいけない状況に追い込まれました。

 バイクを輪行バックに入れ、タクシーで医者を探しますが、本日は日曜で開いてません。仕方なく近くのマッサージで診てもらうと、筋肉が炎症を起こしているとのことで冷やして施術してもらいました。
 本日はそのままビジネスホテルに直行です。その晩、弟に応援を頼み明朝来てもらうことにしました。

本日の走行距離   11.25km   

8月28日(月)

Photo_11   本日もまだ足の状態はよくありません。しかし少し未練があり、今少し時間を置けばとかすかな期待を抱いて、迎えに来てくれた弟と金沢市にて時間をつぶしました。昼食を取りpm2:00頃、物は試しと再びバイクに乗ってみますと、痛みもそれほど感じることなく何とか走ることが出来ます。

 少し欲が出てきてとりあえず羽咋市まで走ることとし、弟に付き合ってもらいました。申し訳ない!!ありがとさん!! 恐る恐る出発、45km走りpm5:00過ぎ羽咋市役所まで到着。少し不安なところもありましたが計画続行することとして、ここで弟と離れさらに北に20kmほど走り、羽咋郡志賀町の道の駅(ころ柿の里しか)にてテントを張りました。
 この道の駅は温泉がありましたのでのんびりつかり明日に備えました。
 しかし、昨日バイクを降りた加賀温泉駅から金沢市までのおよそ40kmは車での行程となってしまいました。

本日の走行距離  64.7km

 どうにか無事に走ることが出来てありがたや~です。

8月29日(火)

Photo_12  早朝5時起きで道の駅を出発。午後から天気が悪くなる模様なので少しテンションが上がりませんが、これもひっくるめて旅です。
Photo_13
 海岸線と山中を交互に走り輪島市に向けて走ります。昨日少し不安ながらもバイクを走らすことが出来ましたので、足の状態はたぶん大丈夫と自分自身に言い聞かせていますが、あまり無理をしないよう景色の良い場所で一息入れ、景観を楽しみながら歩を進めました。

Photo_14  輪島に着いたのがお昼頃、海の近くのお店に入り、まずは腹ごしらえをして市街を散策していると、雨が降り出しました。天気予報的中で足湯のあるところでしばらく休憩。地元のおじさん2人とともに足湯に浸かり旅の話で2時間ほど時を過ごしましたが、雨のやむ気配はありませんので小さな旅館を探し本日の宿となりました。宿のご主人本業は肉屋さんで旅館は片手間とのことで客はわたくし一人でした。

 

本日の走行距離   69.5km

 

今日も無事に終えることが出来ましたことに感謝です。明日は晴れますように!!

Photo

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧