ハチ

やめてくれ~

P9130064

9月13日(火)

 山の草刈りが終わり昨日は徳山ダムのお仕事でしたが、10日ほどハチの様子を見に行っていませんので少し気が気ではありません。ようやく盆休みに入った(私には特段関係ありませんが)本日、ハチ箱の様子を見に行きました。
 案の定オオスズメが集団で一群を襲っていました。この巣門の器具は防御するだけですのでその下には襲われたミツバチの死骸が積もっていました。オオスズメには罪はないのですが怒り心頭ですぐさま網を手に駆除、
後から来たスズメも捕獲しました。

P9130073

箱の巣門についていたスズメバトはすべて捕まえ、そのままお昼までミツバチのガードマンとなり観察しました。

P9140076

9月14日(水)

 本日も昼前ミツバチの番人となりハチを守りました。オオスズメ対策として新しいネズミ捕りも設置しています。箱の前面にある器具はスズメバチ捕獲用のトラップです。早くも5匹ほど入っています。

P9140079

 10月いっぱいはオオスズメの来襲がありますがなんとかミツバチを守らなければいけません。しかし生皮物のわたくしいつも「まあいいか!」で済ましてしまうことが多く、結果が出てからいつも反省そして落ち込んでいます。

P9140080

 楽しい一日でした。本日のディナー1個20円か25円のコロッケ以外は全部自前です。左端にある入れ物が先日の奥山でのハチ捕りの成果です。このつまみで久しぶりのビール五臓六腑に沁みわたり生きててよかった~ 

P9150082_20220927082501

9 月15日(木)

 朝一にハチ箱の様子を見に行きました。何とか無事のようでしばらく観察していて来訪したオオスズメを3匹捕獲駆除しました。しかし少し草が伸びてきていますので近いうちに手を入れなければと思っています。

 17日は予約していたトンコレラの講習が岐阜でありましたので受けてきました。実は昨年罠の狩猟免許を取得したのですが、狩猟するためには狩猟の許可を県から受けなければいけないのです。その条件の中にこの講習が必須条件となっています。しかし昨年はその講習がすでに終了していて結局狩猟許可を受けることが出来なかったのです。前日には県事務所の環境課で狩猟申請は済ませてきましたのでこれで今季は狩猟が出来そうです。また楽しい遊びがひとつ増えそうです。
 この日は知り合いから岐阜の住宅街のスズメバチの駆除を頼まれていましたので、暗くなってからの作業を敢行すべく現場に向かう、一階と二階の2か所に巣があるとのことで確認すると昨年の巣の残骸で巣をその場で取り除いただけで完了となりました。拍子抜けのしましたがこんなこともあります。これにてすぐさま帰還しました。

P9200085_20220927091801

9月20日(火)

 車庫に吊るしてあるバイク長らく乗っていません。タイヤの空気も抜けていましたので、少しメンテをして洗ってあげました。ここ2年ほどバイクの旅はしていませんので機会を作り出かけたいと思っています。
地図を広げ行き先を考えることも楽しい時間です。

P9200086_20220927092601

 しかしそのあとハチ箱を見に行ったところまたまた衝撃な状態を目にしました。前回と別の巣箱がオオスズメにやられています。たくさんのミツバチの死骸の中に2匹のオオスズメが死んでいます。ミツバチも応戦して戦ったのでしょう。

P9200087_moment

 これは蜂球を作りオオスズメバチと戦っているところです。スズメは熱に弱くミツバチがハチ球を作り温度を上げることによりスズメを倒すのです。わたしもその場で援護十数匹を捕獲駆除しました。

P9150082_20220927082501

かなりのオオスズメが来襲していたので他の箱からのハチもほとんど飛び立つことなく閉じこもっています。しかし今回の群れはかなりのダメージを被りました。

P9220089

before

P9220090

after

9月22日(木)

 気になっていた畑の草刈りようやく着手。

しかし空模様が少し不安です。案の定1時間ほどで雨が降り出しました。その気になったのに、残念!!それでも畑はどうにか終わりましたが雨がひどくなり撤収です。

P9220091

P9220092

9月25日(日)

 先日雨のため中止した草刈です。本日は朝4時起きでヘリにての稲の消毒のバイトを終え昼過ぎに帰宅、軽い昼食を済ませ近くの空き地の草刈りを済ませました。

P9200088

before

P9260099

after

 その足でハチ箱を置いてある畑の草刈りに取り掛かりました。いつもは 鉄の刃でやっているのですが、今回は先日買ってきた紐での草刈りに挑戦です。かなり草も小石も飛びますが障害物のある所も躊躇することなく作業でき、その点ではきれいに刈り取ることが出来ました。草を刈り倒した爽快感はいつもと同じで楽しくもあります。

P9260097

9月26日(月)

 土日はヘリのバイトの要請があったのですが、一日はお断りでその余力を本日の草刈りに注ぎます。昨日もバイトを昼で終え、遊歩道に向かう道の草刈りを途中まで済ませていましたので本日はその続きをやります。

P9260101

 皆さんが歩かれる遊歩道入り口からかなり草が伸び放題となっていましたが、これで少しすっきりしました。この入り口から城代山(223m)に上り三輪神社までの約2kmほどの遊歩道です。最近は健康のためとよく歩かれる方も増えてきた感じですが、少しでも良い環境で足を運ぶ人が多くなればと微力ながら整備さて頂いています。わたしも楽しんでいますので何の苦にもなりませんのでWinWinの関係です。

 台風のあと少し寒く感じられましたが、本日は少し暑い感じでかなりの汗をかくことが出来感謝です。

ありがとサン!!

 

 

 

 

| | | コメント (0)

続編(夜中のハチ捕り)

P9100023

9月10日(土) 晴れ

 昨夜はコスパの悪いハチ捕り作業でしたので納得いきません!本日はリベンジのためハチの巣求め奥山に向かいます。1時間半ほどかけ橋の下の巣を探し、3か所の巣を見つけました。架かっているハチの巣はほとんどがキイロスズメバチですが、この冒頭のフォトの巣はチャイロスズメです。
 このハチは黄色の巣に女王が忍び込みキイロの女王を殺してこのコロニーの女王にとって代わりキイロの働きバチに自分が産んだ子供の世話をさせるのです。そして最後はすべてチャイロスズメばかりのコロニーになります。巣の右側の少し黒いところが乗っ取られる前のキイロの巣で、左下の白い部分の巣がチャイロが作った新しい巣となります。チャイロの巣の入り口は真下にあり大きく開放していますので他のスズメバチと区別がつきます。

P9100015

 昼間見つけたキイロの巣ですがあまり大きくはありません。中央の欄干の下です,分かるかな~

P9100032

PM8:38

 暗くなり身支度を整えイザ出発!ヤッさんが心配をして付いてきてくれました。渡りに船カメラマンに任命しました。

P9100039

 これが欄干から降りライトに照らし出されたキイロスズメバチの巣ですが、梯子の取り付けやそして私が下りていく音や振動で異変を感じたくさんのハチが巣から出てきています。ライトをつけて明るくなるとハチが飛び立ちますので最低限の時間のみしかライトはつけません。この巣は後ろが橋げたに張り付いていませんのでしたから網をかぶせ強引に根元から引きちぎりました。

P9100036

うまく網に入り引き上げまだ元気なハチを落とします。この巣はやはり小さく4段でしたが幼虫は少しでしたので次の巣に向かいます。同じ要領でもう一ついただきました。これは最初の巣よりは手ごたえがよく網に入ったときの感じがgoodでした。
 作業を行うこと3時間ほど、昨夜の防護服は暑く難儀しましたので
今回はヤッケと顔は防虫網の被り物にしていますがそれでも汗だくです。昼間見つけた3個を捕るつもりでしたがここでギブアップしました。

P9100050

PM11:26

 ハチの巣2個の成果を積んで二人で奥山から撤退します。少し涼しくなった夜気を全開にした窓から浴びて十五夜の月を愛でながら満足感に慕っています。「わたしは生きてます~」今の気分です。十五夜 望月で浮かんだのが

 願わくば花の下にて春死なん あの如月の望月のころ  (西行)

2,3度口ずさみハンドルを握っていますが、今は秋、桜は咲いてませんしまだ現世に未練がありますのであと少しとどまっていたいと思っています。しかし歳に関係なく幽世は来るときは来ますので抗らうことはできません。などと考えながら気分よく無事に帰宅しました。

 巣から幼虫だしの作業は明日にして本日は店じまいとしますが、ほぼ思い道理の結果を手に出来、今ここにいることに感謝です。楽しい夜でしたありがとサン!!

 

動画は次のフォトをクリック

P9100039_20220926081901

 

 

 

| | | コメント (0)

付録です!

P9050026

9月5日(月)晴れ時々曇り

 先週奥山の草刈りの依頼があり本日から始めます。台風がのんびりしていますので雨を予想していたのですが、奥山は思いもかけず晴れていました。強い日差しもなく木陰に入れば心地よいほどの環境となり気分良く仕事に励むことが出来、上々の出だしでした。
P9060029      

 翌日、奥山にて仕事に着手していた昼前、顔見知りのYさんが魚釣りに行くと声をかけて通り過ぎていきました。そしてPM3時ころ釣果であるアマゴ14匹を置いて行ってくれました。この御仁山も川も達人で私にとってはいつも羨望のまなざしで見ている人です。ありがたく頂戴し夕餉の酒の友として食卓に上りました。思いがけずのお土産が出来ました。本日も何とか天候も我に味方して雨に見舞われることもありませんでした。

P9080002_20220914202201

9月8日(木)

 作業開始から4日目、順調よく進み冠山も望むことが出来るところまで来ました。時折小雨には会いましたが大降りはまだありませんのでラッキーです。そして本日はもう一つ幸運がありました。
P9080004

 山側のコンクリートで吹き付けたのり面に黄色スズメバチの巣を発見しました。私ハチの幼虫の煮付けたのが好物ですのでいつでも冷凍したものをストックしていますが、在庫分が少なくなっていましたので渡りに船これを頂くことにしました。

P9090012

 帰宅して夕食を済ませすぐさまハチを目指して奥山に向かいました。たかがハチの子欲しさにこんな夜中50kmほど走って行くなどバカげた愚行と映るとは思いますが、熟年kidsの名の所以中身がまだ子供なので、単に好きなことは体が動くだけのことです。しかし久しぶりに蜂スーツ着用したところ暑いことしきりで汗だくです。

P9090020

 梯子がハチの巣に届き一安心、煙幕を焚いてハチをおとなしくさせます。スズメバチは振動に敏感ですので梯子を掛けたり上っているときの音と振動で巣の外にたくさん出てきていました。煙幕を2本焚き、小ぶりの巣でしたので網をかぶせ強引に引きちぎりました。

P9090022

 うまくget!! しかし網に手ごたえがありません。思いのほか軽く幼虫は少ない模様で少し落胆です。時期的にはまだ大丈夫と思っていましたが、少し採取時期が遅すぎた模様。ガックリ_| ̄|○😞! 

 

P9090029

 しかし空にはきれいなお月様「よくやるね~」と笑って見ています。

P9100003

 外皮を剥いだところ3段でした。

P9100006

 帰宅してからピンセットで幼虫を取り出します。

P9100010

 この作業が結構面倒なのですが、幸か不幸か中身が少なく簡単に終了! がこの量では満足いきませんので明日は再度ハチの巣探しに出かけるつもりです。今回は100gもないでしょうが久しぶりの奥山でのお月見も出来ましたし、無事に帰宅でき本日も一日終えることが出来ました。なにはともあれ感謝です。ありがとさん!!

| | | コメント (0)

少し気がかり

Photo_20220908210001

P8290014

8月29日(月)

 本日はミツバチの様子を見がてら少し草刈りをしてきました。この時期冒頭のフォトの朝顔に似た小さな花(マルバルコウソウ)が目立ちます。つゆ草と一緒に仲良く咲いています。

P8290019

P8290017

 ヘクソカズラ

 葉や茎から名前そのまま糞尿の臭いを放つためつけられたようですが、(屁糞葛)なんともひどい名前です。しかし人間様の思いなど気にすることなくただ 今、精一杯咲いています。畑のほうは2時間ほどかけて草刈り終了しました。草刈は視覚で作業の進み具合が確認でき、最後借り終えすべて倒した時の爽快感が好きです。遊びにしてもなんにしても体を動かし汗を流すことは本来好きなほうですので苦になりません。

P8290024

 最近オオスズメバチが少し来ていましたが、4箱の群れの一つはほとんど出入りがありません。本日も草刈りがてら様子を見ていましたが巣門からハチの姿は確認できませんでした。

P8290025

 後ろの窓を開けますとびっしりとハチが張り付いていますので、大丈夫だとは思いますが不思議です。お昼まで様子見で箱の前でのんびり待機し本日のハチの観察は終えました。
汗を流し昼食を済ませしばらくお昼寝をしました。こうして本日も一日過ごすことが出来満足満足、ありがたいことです。ありがとサン!!

 

 

| | | コメント (0)

グロッキ~

P8110013_20220813054401

8月11日(木)

 ここのところ仕事が集中して少し閉口していますが、うなだれていても仕方ありませんので仕事を遊びと思い、いや遊びに変えて日々精進しています。7月末は奥山の草刈りに行っていましたが途中からご無礼して本日からはヘリコプターでの稲の消毒のお手伝いです。こうして自分の都合で働かしていただけることに常に感謝しています。その分仕事は全精力を傾け体を動かします。
 
 本日もAM4:00時起きで5時に仕事場へ雨を心配しながらも12時少し前にてお仕事終了しました。帰宅してすぐに昼食を済まして、かねてより気になっていたハチの様子を見に行きました。
 月初めにガス欠のため中断した畑への道路の草刈りから始めましたが、道路向かいのSさんの空き地が草ぼうぼうです。Sさんも喜寿近い方で、以前隣の耕作放棄地の茶畑の境を刈るのに手間取って見えたので少しお手伝いした折、大変喜んで見えましたのでここもついでに草刈りに取り掛かり2時間ほどで終了しました。蒸し暑い中かなりの汗を流しました。
 今のご時世、他人様の土地の草刈りなど相手の承諾なく勝手に作業することは少なからず問題視されることとは思いますが、単細胞の小生深く考えることもなくすぐ行動でいつも動いています。

 途中、コンビニでアイスとお茶を買ってきて日陰で少し水分補給です。最近は熱中症の関係で耳にタコができるほど水分補給の単語が耳に入ってきます。私はあまり水分は取らないほうですので周りの人から良くご忠告を受けますが、何か不具合があれば体が教えてくれると思っていますのであまり気にはしません。ただ単に暑い中での小休止冷たいアイスとお茶がおいしい~。それだけです!
 
 この歳になりますと周りの皆さんも医者通いの方が多く健康管理の面からかいろんな数値をよく口にされますが、偏屈者の私これもあまり好きではありません。数値を当てはめる対象は千差万別一概にこれが普通でこれ以上が異常とは言うことはできないと思っています。当然目安としての数値なのですがコンピューターのご時世、境のある数値に振り回され正常だ、異常だと皆さんよく口にされていますがあまり意味のないことのように感じます。
人間の体そんなに単純ではないと小生は思っていますので、もう少し幅を持って緩やかに穏やかに日々を送りたいと常に思っています。愚性、世間様と距離を取ってより健康診断などはしたことがありませんしすべては目に見えぬものにお任せして幽世に行くまで過ごしていくつもりです。その理由を考え出しますと長くなってしまいますので本日は止めときます。

 
 話が大変逸れてしまいましたが、草刈りの後一息ついてハチの様子を見てみました。今現在は鉢箱は一段が3箱、2段が2箱で合計5群ですが最初に端にある2段のハチ箱の内検をと蓋を取ろうとしたのですが、なかなか開けることが出来ません。
 かなりの力を加えてようやく蓋が開いた時その原因がわかりました。5月の採密の後群れが大きくなり2段にして巣枠を5枚入れていたのですが、密でいっぱいになり蓋に巣をかけ巣枠の外の空間に新しく巣を作っており無理にはがしたため巣がちぎれて蜜が流れ落ちております。巣を壊したのですからハチもびっくり一気に飛び立ち箱の周りを乱舞しています。ハチたちが勝手に作った空間の巣は不規則にびっしりと箱内に収まっていますが、私も想定外の状況に一度家に戻り、新しい箱と蜜を採取する鍋を持ち再び現場に!

 まずはハチたちが勝手に作った巣を除去するため、上段の箱を移動しようとしますがうまくいきません。何とか上下の箱を離して横に移動しようとしたところ、上の新しい巣が下の段の巣枠にまで到達していたため一緒に持ち上がり箱の中で散乱。ハチもパニックでさらに多くの数が乱舞しています。
 私もこの時点でかなり刺されパニックですが何とか上の箱を横に移動してこの余分な巣を除去します。箱にとりついた巣をへらではがし手で取り除きますが、ここでもどれだけ手の指を刺されたことか?💦一応手袋、防具着はしていますがその上からでも刺してきます。しかし何とか取り除いた巣は冒頭のフォトです。

 悪戦苦闘すること1時間強少し気分が悪くなってきましたのでこれで撤収です!!汗だくでヨレヨレで帰宅。ヤッさんに助けを乞う、車庫のコンクリートに大の字で動けません。

 心配して出てきたやっさん驚きながら「医者行く?」

 私、「医者いらん!水かけてくれ」

 側溝のグレージングにうつ伏せになり5~6分ヤッさんから放水を浴びる。向かいのYさん夫婦心配してきてくれました、通りかかったKさん車から声をかけてくれます。返事するのも億劫な私、ヤッさんが代わって応対しています。恥ずかしいと思うような余裕もありませんでした。情けなや~⤵どうにか家に上がり
 しばらく休息、何とか元気を取り戻しました。皆さんにご心配かけ申し訳ありませんでした。スミマセン~ン!

 こんなバカをやりながらこうして毎日過ごしていけることにあらためて感謝しかありません。今ここにこうしていることにありがたいと感じています。目に見えるもの目に見えないものすべてに感謝です。

 ありがとサン! 真夏の珍事でした。

 
  

| | | コメント (0)

再度ミツバチ分蜂

P4220001_moment

4月22日(金)晴れ

 20日(水)に今季初めての分蜂群を捕獲しましたが、もう一つの箱も分蜂の気配がありましたので根気よく見回りをしていましたところ、22日(金)am10:47巣箱が一気に騒がしくなり分蜂が始まったとすぐさま家に帰り捕獲道具を持って現場に返したところ、箱の周り静かなものでハチが飛んでません。すでに飛び立ち移動したのかと付近を捜してみますが何も見当たりません。

P4220002_20220427080601

 AM11:00 巣門の周りにすこしハチが出ていますが、周囲には先ほどのようなハチの飛び交っていた光景は嘘のように平穏そのものです。箱の後ろの窓から中を窺いますとまだ分蜂はしていない模様で少し安心。
 先ほどのハチの勢いは完全に分蜂が始まったと思ったのですが、途中で止めることもあるんですね~?しばらく観察していましたが、普段の動きと同じになりましたので今日は分蜂しないと判断してハチ箱を後にしました。

 P4230003

 4月23日(土)

 今日はボランティアでお手伝いをしている会のカブトムシ飼育小屋の床の入れ替えをやっています。ハチ箱を設置している畑にありますので、今回は分蜂しても作業中であればすぐわかります。案の定床の入れ替えがほぼ終わろうとしていた時(AM10:00頃)、皆が奇声を上げましたので視線を向けると分蜂が始まりました。箱から出たたくさんのハチが前回とは反対の茶畑に徐々に移動していきました。後を追いますと茶畑の端のお茶の木に集まり始め塊を作っています。
 ハチの塊はお茶の木のかなり下の部分で集まっており、地面にもかなりのハチがいます。下から袋で受けて捕獲できないためハチが固まっているお茶の木を下から切って袋に入れましたが、ハチが暴れてなかなかうまくいきませんでした。私もかなり刺されましたが、これしきの事受け入れなければハチさんを飼うことなど出来ません。

P4230009

 AM10:36

 袋に入れ口を開けて周りに飛び交っているハチが入るのをしばらく待ち、前日準備万端用意した箱に収容することができました。これで4群のハチとなり満足満足です。カブトムシの仕事は皆さんにお任せして私はハチに集中できましたが、皆さんには少し迷惑かけまして申し訳ありませんでした。

 作業中に分蜂したりといつもいろんなアクシデントがありますが、ハチに刺されるのもこれまた楽しでなんでも面白おかしく毎日を送ることができることに本当に感謝です。目に見えぬものに感謝感謝!

 ありがとさん!!

 

動画は次のフォトをクリック

P3140009_20220427104301

 

P4190022-2

 4月26日(火) 晴れ

 ここ2~3年昔ほど山菜取りに行く機会が少なくなってきました。旬の山菜一度食べれば十分ですしいつでも採る事が出来ますので却って山が遠のいているのかも?もう一つ歳のせいで情熱が薄れたかも?

 とまあどちらでもいいのですが、本日はヤッさんが少し天ぷら用に山菜が欲しいと所望ですので、近所のYさんを誘って山に向かいました。Yさん少し足の調子が悪いとのことで近くのお山で少し山菜を頂いてきました。

 最初にタラの芽を見つけましたが、60度以上の急こう配に生えていますが元山師のYさん私が制止するも登ってみると挑戦10mほど上まで登りたらゲット!さすが~カッコイイ~、こんな調子で途中のんびり山でお昼を済まして何種類かの山の恵みをいただいてきました。

P4190023-2_20220427112101

 冒頭のフォトはこのアケビの花のアップですが、この時期どこでも目に付くきれいで可憐な花です。私の好きな花の一つです。天ぷら用に山菜は確保できましたので3時間ほどで踵を返しました。

P4260007

 本日の夕餉にはさっそく山菜の天ぷらが食卓に乗りました。

タラの芽、コシアブラ、コゴミ、イワタバコと藤の花、左の入れ物はYさんがもう一品と山椒の佃煮を持ってきてくださいました。山菜の代表格を食して今年の春も満足です。飲み友でもあるYさんと楽しい時間を過ごすことができ、なおかつ山の土産もゲットできありがたい限りです。本日もほんとにありがとさん!!

| | | コメント (0)

ミツバチ分蜂

2022419_moment

4月19日(火) 晴れ

 昨日冬越しをしたハチ箱の様子を伺うと、巣門近くにかなりのハチが固まっており箱の裏の扉を開けますとびっしりのハチを確認。近いうちに分蜂が始まると確信しました。
 本日は朝食を終えM8:00頃ハチ箱を設置しています畑に向かい草刈兼分蜂を待ちました。畑の草刈りを終えたころ少しハチが騒がしくなりましたので、分蜂の予兆と感じ自宅に捕獲用の袋を取りに向かいすぐに戻ると、すでに分蜂は始まっていました。

 かなりのハチが乱舞しており、隣のお茶畑のほうに向かっていますがまだどこで集結するかわかりません。しかし徐々にお茶の葉に留まりだして小さな塊を作り始めその小さな集まりが一緒になり大きな塊となっていきます。
 30分も経ったでしょうか一つの塊となりました。ここから次の住処を探すため偵察バチが四方に飛び立ちます。次の場所決定には早ければ1時間もかかりませんので、ある程度集まった時点で捕獲して新しい箱に収容します。以前も少し待ちすぎて飛び去った苦い経験もありますのですぐに捕獲しました。

 今季初めての分蜂無事に捕獲できこれで3群となりました。やった~です。まだ分蜂する可能性は大ですので出来ればあと一群増やしたいと思っていますが、とりあえず本日のお仕事無事に終了でうれしい限りです。ありがとさん!!

 

 本日の動画

 

ミツバチ分蜂

 

| | | コメント (0)

日本ミツバチ(待ち箱)

P4090043

4月9日(土)AM9:00 

 このところ日増しに気温が上がっています。4日に畑に入れたミツバチの一群元気よく働いてくれています。梅の花はすでに終わり、桜も少し散り始めていますが、春です次から次といろんな花が咲きだしてミツバチも忙しく飛び回る季節となりました。
 そしてこの時期スズメバチも冬眠から目覚め活動を始めます。最初は女王バチ一匹で巣作りから産卵そして幼虫の世話まですべてをこなし群れを大きくします。命あるものすべて種の保存のため懸命に生きています。しかしこのスズメバチ、ミツバチにとっては天敵で秋に餌が少なくなりますと巣箱に来襲して群れを全滅させることも多々あります。そんなわけで春のうちにこの女王バチを駆除できれば秋に被害にあうリスクが少なくなりますので、スズメバチを捕獲するトラップを作り設置しました。
 大き目のペットボトルに2センチ角の入り口をつけ、ハチを呼び込むための液(カルピス・酒・酢ー3・1・1)入れておきます。中に入ると滑りますので出ることは困難です。これを2個栗の木に取り付けました。

P4090039

PM1:20 午後から友人のKさんが日本ミツバチの待ち箱を設置するため我が家に来訪。岐阜市内在住にKさん以前から日本ミツバチを飼育して見えたのですが、最近ハチをほとんど見かけなくなったとのことで、本日揖斐まで足を延ばし待ち箱を裏山に設置しました。

P4090040
 午前中から気温が高くかなりの汗をかきながらの作業となりましたが、この箱を気に入ってくれて入ってくださいと祈りながらどうにか無事に完了しました。これがKさんの待ち箱ですが、何度も入った箱で貫禄があります。

P4090041

 そして最後の仕上げに日本ミツバチの誘引剤を待ち箱に置きました。キョウリンヘンという蘭の一種の花が発するフェロモンが日本ミツバチを呼び寄せるとのことで、そのエキスを抽出したのがこの誘引剤とのことです。以前にも待ち箱に取り付けたことがあります。

P4090044

PM3:00 

 こちらのほうにも誘引剤を置き後は待つだけです。Kさんのを入れ5箱設置しましたが、泣くか笑うかこれもまた楽しくワクワクの日々がしばらく続きそうです。後は頼むとKさんはすぐに帰りましたので、私も帰宅して汗を流ししばし休息です。先日の草取りで少し腰が痛い~!

 しかし横になりハチが入っている様子を想像しひとりニヤついています。本日も楽しく一日が過ぎていきますことに感謝です。ありがとさん!!」

 

| | | コメント (0)

ハチ箱偵察(日本ミツバチ)

P3150014

3月15日(火)

 先日設置した日本ミツバチの待ち箱、日本ミツバチ捕獲に向けてのスタートです。最下段の巣門下の板はミツバチを誘引するため蜜蝋をバーナーで溶かし塗ってあり、巣門の付近ははちみつも塗り込みました。そして箱内の掃除をたやすくするためにスライド出来るようにしてあります。
 ハチを誘引するのに少し不安でしたので、ハチを呼ぶため巣門横に立ててある板は巣箱作りで余った端材にこれもまた蜜蝋を塗って誘引剤としました。このケチリが凶と出るか、はたまた吉と出るか楽しみです。

P3150013

 風で倒れるのを防ぐためロープで台にしているプラ容器と固定しました。雨除けのため屋根も完備しましたが、3基分しか手元になく一基はトタンを切って代用です。

P3150012

 もちろん台となる箱はL字の鉄筋を地面に打って動かないようにしています。これにて後はハチさんを待つだけですが、最近日本ミツバチが減っているとよく耳にしますので少し不安も残ります。
 多少なりとも工夫して設置した待ち箱を気に入ってくれて、ハチさんが入居してもらえたならその場で喜びの雄たけびを上げることでしょう。先月四国巡礼で少しは徳を積んだかもしれませんので、ご褒美として弘法大師さんにお願いをしたい気分ですが、これはいささか不埒な願いかも?

3月16日(水

 昨日、待ち箱の観察後ドローンにて空撮をする予定でしたが、風がかなり強く断念しましたので本日少し日が差したころ裏山で撮影をしてきました。まだまだドローンの操縦は初心者の域を出ないので訓練がてら時間をかけて撮影しました。

 何はともあれ日本ミツバチ捕獲作戦、結果はどうあれいつものように無駄な動きをしながらも、いつものように楽しく時間を過ごすことができこれにて完です。 
まだまだこうして
やることがあり、体が動くことに感謝するとともにありがたいことと思っています。

 周りのすべてのものに感謝です! ありがとさん!!

 

動画は次のフォトをクリック

_moment_20220322171801

 

 

 

 

| | | コメント (0)

ハチ箱内検(掃除)

P1300050_moment_20220316210101

 

3月 14日(月) 晴れ

 昨日どうにか日本ミツバチの待ち箱を裏山に4基設置することができました。一息ついたのがPM3:00頃まだ日が高いので、最後のお仕事でドローンで空撮をしてみました。しかしスマホの画面ではやはり小さく爺さんの衰えた目では巣箱の位置はなかなか見つけることが困難でした。一応取り終え帰宅してパソコンに取り込もうとしましたが画像がありません。ガァ~ン いつものミスで操縦に気を取られ動画撮影のコントローラーのスイッチを押していませんでした。ガァ~ン! いつものことですが情けない。慌て者で落ち着きのない小生一つの事を完結するのに人様の倍以上動かなければなりません。

 

3月15日(火) 晴れ

 AM8:00すぎ今日はなんとは冬越しをしてくれたミツバチの内検がてら巣箱の掃除をします。現場にて身支度を整え作業にかかります。

P3140009

 

 ふたを開けたところです。下の口が開いている木枠は餌箱で、四国出発前にはちみつをいっぱい入れておきましたが、すべてきれいに平らげています。群れも元気です。

P3140010

 

 巣枠をすべて取り除き餌枠は撤去っして巣箱をきれいに掃除、新たに巣枠を2個足しました。冬の暖房のためのもみ殻は取り除き再び蓋をして終了です。あとはハチの頑張りを期待するとともに、梅も咲き出しこののち蜜源の花がたくさん咲きますよう祈るのみです。何事も己一人で成しうることはできません。
自然に感謝です!!

Photo_20220317093703

2_20220317093701

オオイヌノフグリ

Photo_20220317093702

ホトケノザ

Photo_20220317094001

タネツケバナ

Photo_20220317093701

菜の花

 

 畑にも春がやってきました。今期の大雪も少しづつ消えていき再び山が呼んでます。さくら、山菜、奥山
楽しみが待ってます。

 

「吉野山こずえに花を見し日より 心は身にもそはずなりにき」 (西行)

 

春の息吹自然のありがたさを教えてくれます。そして勇気も・・・ 自分の力など皆無に等しくただ今、この時、生かされていることに感謝です。

 

 動画は次のフォトをクリック

P4230040

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧